プラグイン

Google XML Sitemapsの設定方法と使い方

ワードプレスのGoogle XML Sitemapsプラグインは、グーグルの検索エンジンのクローラーに記事を更新したことを伝えるためのXMLサイトマップを生成、自動送信してくれるプラグインです。

つまりあなたのブログの存在や記事を更新したことをグーグル先生に知ってもらうプラグインですね。

あなたのサイトの更新情報を効率よく検索エンジンに反映させるので、SEO対策の一つとも言えます。

そこで今回は、Google XML Sitemapsの設定方法や使い方について解説していきます。

Google XML Sitemapsの設定方法

Google XML Sitemaps 設定方法 使い方

Google XML Sitemapsの設定方法ですが、まずあなたのワードプレスにGoogle XML Sitemapsのプラグインをインストール、有効化しておいてください。

プラグインのインストール、有効化の方法は以下を参考にしてみてくださいね。

ワードプレスのプラグインの使い方(インストールと有効化)ワードプレスはそれだけで、すぐにブログを始めることが出来ますが、SEOやユーザビリティ、作業効率化などから見ると、やはり物足りないんです...

そして事前準備として、Google Search Consoleアカウントの取得とあなたのサイトの登録終わらせておきましょう。

Google Search Console 登録方法 使い方
Google Search Consoleの登録方法と使い方Google Search ConsoleはGoogleが提供しているサービスツールで、昔はウェブマスターツールって呼ばれていました。 ...

 

ダッシュボードの左側のメニューの[設定]>[XML-Sitemaps]をクリック

Google XML Sitemaps 設定方法 使い方

赤枠で囲んだURLがサイトのインデックスファイルのURLですので、確認してみてください。


 

Google XML Sitemaps 設定方

次にGoogle Search Consoleにアカウントでログインしサイトを登録したら、上記の画面になっていると思います。

Google Search Consoleに登録したURLが表示されているのでクリックします。


 

Google XML Sitemaps 設定方法 使い方

サイトマップがまだ無い状態なのが分かりますので、【サイトマップ】をクリックします。


 

Google XML Sitemaps 設定方法 使い方

右上の【サイトマップ追加/テスト】をクリックします。


 

Google XML Sitemapsの管理画面で確認したインデックスファイルのURLを記入し【送信】をクリックします。

これで設定は完了です。

最後にサイトマップがちゃんと送信されたか確認してみましょう。


 

Google XML Sitemaps 設定方法 使い方

サイトマップの中身を見ると「/sitemap.xml」と登録されていますね!

最後に

プラグインGoogle XML Sitemapsを設定するときには、事前準備としてグーグルのSearch Consoleにアカウントを登録し、さらにあなたのブログのURLも登録しておかなくてはなりません。

それらを終わらしておけば、Google XML Sitemapsは開設した手順通りで設定できます。

一度設定してしまえば、あとは自動でプラグインが送信してくれるので、何もやることはありません。

サイトを立ち上げたら、早々に設定しちゃいましょう。

ABOUT ME
mori
mori
元会社員/現フリーランサー&サウンドクリエイター。 ブログメディアの運営で月収50万達成。人生をより面白い方向へ実践中。 作編曲/ビートメイク/映像音楽・舞台音楽の制作・編集