プラグイン

Google XML Sitemapsでサーチコンソールにサイトマップを送信する設定方法を解説

今回はGoogle XML Sitemapsでサーチコンソールにサイトマップを送信する設定方法を解説します。

サーチコンソールにサイトマップを送信する事はブログの初期設定の中でとても重要な設定の一つです。

サーチコンソールの登録設定が終わったら続けて、Google XML Sitemapsでサーチコンソールにサイトマップを送信しましょう。

Google XML Sitemapsとは

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは、Googleの検索エンジンのクローラーに記事を更新したことを伝えるためのXMLサイトマップを生成し、自動送信してくれるプラグインです。

ブログの存在や記事を更新したことをGoogleに伝えるプラグインですね。

サイトの更新情報を効率よく検索エンジンに反映させるので、SEO対策の一つとも言えます。

Google XML Sitemapsでサーチコンソールにサイトマップを送信する設定方法

Google XML Sitemapsでサーチコンソールにサイトマップを送信する設定方法を解説します。

サーチコンソールの登録設定を済ませておく

Google XML Sitemapsを設定するためには、まずサーチコンソールの登録設定が完了している必要があります。

まだサーチコンソールの登録を済ませていない場合は、以下の記事を参考にサーチコンソールの登録を終わらせておきましょう。

【初心者向け】サーチコンソールの簡単な登録・設定方法と使い方を画像付きで解説サーチコンソールはGoogleアナリティクスと共に、ブログを運営するうえで必ず登録しておくべきものです。またサーチコンソールに登録はできたものの、よく分からなくて活用出来ていない人も少なくありません。そこで、Googleサーチコンソールの登録及び設定の簡単な方法と使い方を画像を用いて解説していきます。...

Google XML Sitemapsをインストール&有効化

Google XML Sitemaps

ダッシュボード左側のメニューから、[プラグイン]>[新規追加]をクリックします。


 

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsを検索し、[今すぐインストール]をクリックします。

Google XML Sitemaps

[有効化]をクリックします。

Google XML Sitemapsの設定画面でサイトマップをコピー

Google XML Sitemaps Google XML Sitemaps

ダッシュボードの左側のメニューの[設定]>[XML-Sitemaps]をクリックします。


 

Google XML Sitemaps

サイトのインデックスファイルのURLが表示されています。

http://ドメイン名.sitemap.xml

この中で、「sitemap.xml」の部分だけをコピーします。

サーチコンソール側の設定

Googleサーチコンソールにログインします。

⇨ Googleサーチコンソール

Google XML Sitemaps

サーチコンソールの左側のメニューから[サイトマップ]をクリックします。

  1. サイトマップのURLを入力:sitemap.xmlを貼り付け
  2. [送信]をクリック
  3. ステータス:反映されると「成功しました」と表示される

送信したばかりだとステータスは「保留」になります。

少し時間をおけば「保留」から「成功しました」へとステータスが変わります。

もし時間が経ってもステータスが「保留」のまま変わらない場合は、URLが間違っている可能性があります。

コピーしたURLが正しいかどうか確認してみましょう。

最後に

Google XML Sitemapsを設定するときには事前準備として、サーチコンソールのアカウント登録&設定を済ませておく必要があります。

サーチコンソールの登録と合わせて、Google XML Sitemapsでサイトマップの送信も一緒に終わらせてしまいましょう。

Google XML Sitemapsを一度設定してしまえば、あとは自動でサイトマップを送信してくれるので、何もやることはありません。

サイトを立ち上げたら、早々に設定しちゃいましょう!

PC1台で収入源を確保する無料メール講座


メルマガ登録