プラグイン

Jetpack by WordPress.comの設定方法と使い方を画像付きで解説

今回はプラグインJetpack by WordPress.comの設定方法と使い方を解説します。

ブログを運営しているとその日のアクセス数が気になってくるものです。

Jetpack by WordPress.comは約30種類もの機能を備えたプラグインで、特にサイトの1日の状況が把握できるのに重宝します。

そんなJetpack by WordPress.comを使いこないして、日々のブログ運営に役立てていきましょう。

Jetpack by WordPress.comとは

Jetpack by WordPress.com

WordPressの公式プラグイン「Jetpack by WordPress.com」は、約30種類もの機能が備わっています。

有料版もありますが無料版でも十分な機能ですし、一番の便利な機能はサイトのアクセス状況などが把握できるサイト統計情報の機能です。

Jetpack by WordPress.comの設定方法

Jetpack by WordPress.comの設定方法を解説します。

Jetpack by WordPress.comをインストール&有効化

Jetpack

ダッシュボード左側のメニューから、[プラグイン]>[新規追加]をクリックします。


 

Jetpack

Jetpack by WordPress.comを検索し、[今すぐインストール]をクリックします。

Jetpack

[有効化]をクリックします。


 

Jetpack

[Jetpack を設定]をクリックします。

WordPress.comのアカウントを作成する

Jetpack

WordPress.comのアカウントを作成します。

メールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力し[Create your account]をクリックします。

既にWordPress.comのアカウントをお持ちであれば、

①の[Already have an account? Sign in]をクリックしてください。


 

Jetpack

無料で十分ですので、[Start with free →]をクリックします。

Jetpack

「Welcome to Jetpack Free!」というポップアップが表示されます。登録設定は以上でです。

Jetpack by WordPress.comの使い方

Jetpack

Jetpack by WordPress.comの登録が完了すると、ダッシュボードにJetpackの項目が追加されます。

[設定]の項目で色々な機能をカスタマイズすることが可能ですが、とりあえず何もしないで構いません。

Jetpack by WordPress.comで一番活用すべきはサイト統計情報なので、[サイト統計情報]をクリックします。


 

Jetpack

上の画像のようなサイト統計情報が表示されます。

  1. アクセス数:今日のアクセス数、サイトの最高アクセス数、サイトを立ち上げてからのトータルのアクセス数とコメント数が表示されます。棒グラフを日ごと、週ごと、月ごとにも変えることが出来ます。
  2. リファラ:サイトの流入元。検索エンジンやSNSなど、どこからサイトに辿り着いた分かります。
  3. 人気の投稿とページ:今日の昨日の記事ごとのアクセス数。
  4. 検索キーワード:どんなキーワードでサイトに訪問したかが分かります。
  5. クリック数:記事に掲載した外部リンクのクリック数。
  6. 購読:サイトの購読者数が分かります。

サイトの状況がここで分かるんですね。

特に「アクセス数」「検索キーワード」「人気の投稿とページ」は参考になるので、毎日確認しておきましょう。

Googleアナリティクスやサーチコンソールは同様の情報がより詳しく確認できますが、WordPressのダッシュボード上でサイト状況を確認できるのはとても便利です。

またアナリティクスやサーチコンソールより見やすいので、大枠をここで把握するような感じで活用していきましょう!

PC1台で収入源を確保する無料メール講座


メルマガ登録