プラグイン

WordPress related postsの設定と使い方

WordPress related postsは、関連記事を表示させるプラグインです。

関連記事を表示させるプラグインは数多くありますが、このWordPress related postsが設定も簡単だし、使い勝手も良いと思います。

今回はWordPress related postsの設定や使い方と、関連記事の表示位置の変更の方法について解説します。

ワードプレスの導入方法は以下を参考にしてみてくださいね。

ワードプレスのプラグインの使い方(インストールと有効化)ワードプレスはそれだけで、すぐにブログを始めることが出来ますが、SEOやユーザビリティ、作業効率化などから見ると、やはり物足りないんです...

WordPress related postsの設定と使い方

WordPress related posts 設定 使い方

ワードプレスダッシュボード左のメニューの[設定]>[WordPress related posts]をクリックします。

WordPress related posts 設定 使い方

WordPress related postsの設定画面が以下。

WordPress related posts 設定 使い方

 

Basic settings右の▼をクリックすると

WordPress related posts 設定 使い方

Related Posts Titlesに関連記事を紹介する一文を記入します。

「人気記事はこちら」とか「関連記事はこちら」など日本語で分かりやすいものを付けると良いですね。

Number of Postsは表示させる関連記事の数です。

テンプレートによるところもあるので、自分で確認しながら最適な数を選んでみてください。


 

Advanced settings右の▼をクリックすると

WordPress related posts 設定 使い方

Layoutはお好みのデザインを確認しながら選んでみてください。

Customizeのチェック欄は上から、

  • サムネイル画像の表示
  • コメント数表示
  • 投稿日の表示
  • 本文抜粋の表示(数字は文字数)
  • カテゴリの表示
  • CSSのカスタマイズ

となります。こちらも好みに合わせてチェックしてみてください。CSSのカスタマイズに自身のある方は試してみるの良いでしょう。

文章だけの関連記事よりも画像付きのほうが見栄えも良いので、個人的には一番上にチェックを入れておくのが良いですね。

WordPress related posts 設定 使い方

Other SettingsのExclude these Categoriesは、関連記事表示から除外するカテゴリを選べます。

また下のAuto Insert Related Posts~にチェックを入れておけば、自動的に記事の下に関連記事が表示されます。

これでSave changesをクリックすれば設定は完了です。

WordPress related postsの表示位置の変更方法

WordPress related postsを自動で表示させる設定の場合、記事下には来るのですが、関連記事を任意の位置に表示させたい場合は、

WordPress related posts 設定 使い方

先程のOther SettingsのAuto Insert Related Posts~のチェックを外してください。赤枠で囲われているショートコードをコピーし挿入します。

例えば記事の場合であれば、ダッシュボード左のメニュー[外観]>[テーマの編集]>[single.php]にショートコードを挿入します。

間違えてしまうとブログのデザインが崩れてしまう可能性があるので、CSSやPHPを編集する場合は一度バックアップしておきましょう。

まとめ

訪問者が記事を読み終えた後に、関連記事が表示されていると反応が良いので、関連記事の表示位置は記事下が望ましいです。

アドセンス広告を記事下に配置する場合は、

記事本文 > アドセンス広告 > 関連記事

の配置順がクリック率が高まります。

アドセンス広告は記事直下が望ましいので、アドセンス広告コードの下に先程のショートコードを挿入すると良いですね。

PC1台で収入源を確保する無料メール講座


メルマガ登録