プラグイン

WordPress Ping Optimizerの設定と使い方

WordPress Ping Optimizer 設定 使い方

ワードプレスのプラグインWordPress Ping Optimizerは、記事を更新する度に自動でPing送信してくれる機能です。

Ping送信をすることで、記事を更新したという事を伝える事ができます。

WordPress Ping Optimizerを導入することで、アクセスアップやインデックスの早さが期待できます。

Ping送信は最近ではSEO的には効果が薄い、という声もあるのですが、少しでもメリットが有るのであれば必ずやっておいたほう良いですよね。

プラグインの導入のやり方はこちらを参考にしてください。

ワードプレスのプラグインの使い方(インストールと有効化)ワードプレスはそれだけで、すぐにブログを始めることが出来ますが、SEOやユーザビリティ、作業効率化などから見ると、やはり物足りないんです...

それでは、WordPress Ping Optimizerの設定と使い方やPing送信について解説します。

WordPress Ping Optimizerの設定と使い方

ワードプレスのダッシュボード左のメニューの[設定]>[WordPress Ping Optimizer]をクリックします。

WordPress Ping Optimizer 設定 使い方

そしてPing送信先のURLを記入して「Save Settings」をクリックします。

これでWordPress Ping Optimizerの設定は完了です。

あっという間ですね~

そして使い方も一度設定してしまえば、記事を更新した時点で自動的に設定したURLにPing送信されます。

な・の・で

設定してしまえば、あとは何もしなくてOK٩(๑´3`๑)۶

ただしPing送信先に設定したURLが現在生きているかどうかは、定期的に確認が必要です。

ちなみにPing送信先の一覧は記事の下部で説明しています。

Ping送信先の確認の方法

WordPress Ping Optimizerの設定画面の下の方に「Ping Log」という項目があります。

緑色の▷+日付(赤枠)をクリックします。

緑色の▷+日付(赤枠)の後ろを見るとPinging(new post~)となっていますが、

これが記事を更新したタイミングでPing送信されたログです。

Ping 送信先 確認 方法

Ping送信した結果が確認できます。

Ping 送信先 確認 方法

赤字で表示されているURLがPing送信に失敗しエラーとなったURLです。このエラーは一時的なこともあるので暫く様子を見てみると良いですね。

また直接URLが生きているか見てみるのも。

Ping送信先の設定時の注意点

Ping送信先は多ければ良いかというと、そうではなくURLが使われなくなり前述したようにエラーで返されることが多くなります。

またブログが重くなるという報告も聞きました。

そして、Ping送信先のURLを設定する時には重複しないように気をつけてください。

重複して設定してしまうと2度同じURLに送信されてしまい、スパム判定を受けかねないのです。またエラーも同様ですね。

Ping送信先のURLは結構使えなくなっていることが多いので、古い情報は自分で確認してみるか使わないほうが良いです。

2017年2月現在で生きている事を確認できているPing送信先の一覧はこちら

コピー&ペーストでは貼り付けてください。初期に一つURLが登録されていますが消してください。

時間が経っていたり、不安でしたら一度調べてみてくださいね。

ABOUT ME
mori
mori
元会社員/現フリーランサー&サウンドクリエイター。 ブログメディアの運営で月収50万達成。人生をより面白い方向へ実践中。 作編曲/ビートメイク/映像音楽・舞台音楽の制作・編集