All in One SEO Packの使い方と設定方法

All in One SEO Pack 設定 使い方

 

All in One SEO Packは、Googleなどの検索エンジンのSEO対策の設定を管理できる他、「XMLサイトマップ」「Google Analytics」「ソーシャルメディア」の設定が可能です。

 

ワードプレスのプラグインの中ではまず最初に導入するプラグインですね。

 

ワードプレスでブログを運営する上では、大なり小なりSEO対策は必須となってきます。

 

All in One SEO Packの導入方法は以下を参考にしてみてください。

 

 

それでは、All in One SEO Packの設定方法とまた注意点も合わせて紹介していきます。

 

All in One SEO Pack

All in One SEO Pack 設定

 

All in One SEO Packは、サイトの総合的なSEO対策の設定ができるプラグインです。

 

Googleなどの検索エンジン対策ともいえますね。

 

ワードプレスで開設したブログの集客を左右するプラグインとなるので、All in One SEO Packをインストールして有効化したのなら、必ず設定しておきましょう。

 

All in One SEO Packは日々進化していて、現在では「XMLサイトマップ」や「Google Analytics」、「ソーシャルメディア」に関連した設定も可能となっています。

 

まぁ なにはともあれ、ワードプレスでブログを開設したのなら、

 

まずAll in One SEO Packを導入しよう∠(`・ω・´)

 

それでは、All in One SEO Packをワードプレスにインストール、有効化が終わっている前提で、説明していきますね。

All in One SEO Packの設定

All in One SEO Packの有効化まで終わっていると、ワードプレスの管理画面の左側のメニューに以下が表示されていると思います。

 

All in One SEO Pack 設定

 

All in One SEO Packの「機能管理」で、どの機能をアクティブさせているかによってメニュー内容は変わりますが、【一般設定】は必ずあるのでクリックしましょう。

一般設定

All in One SEO Pack 設定

 

基本的にはデフォルトで問題ありません。

 

【Canonical URLs】にチェックが入っていることだけ確認しておけば大丈夫です。

ホームページ設定

All in One SEO Pack 設定

 

【ホームタイトル】はあなたのブログタイトルを、【ホームディスクリプション】はブログの内容を、ホームキーワードはブログのキーワードをそれぞれ記入しておきましょう。

 

ここで設定しておくことでトップページの内容が書き換えられます。

タイトル設定

All in One SEO Pack 設定

 

基本的にはディフォルトで構いませんが、僕の場合は「|%blog_title%」をすべて削除しています。

 

アドセンスブログを運営するのであれば、個人的には【投稿タイトルのフォーマット】は「%post_title%|%blog_title%」「%post_title%」が良いかなって思います。

カスタム投稿タイプ設定

All in One SEO Pack 設定

 

投稿タイプの中で投稿タイプと固定ページが多く使われますが、カスタムした独自の投稿タイプとして「カスタム投稿タイプ」があります。

 

基本的には使用することがないと思われますので、デフォルトのままで良いでしょう。

表示設定

All in One SEO Pack 設定

 

記事の一覧や固定ページ一覧にタイトルやメタディスクリプション、メタキーワードなどオプションで表示の可否の設定です。

 

基本的にはデフォルトで問題ありません。

 

【投稿】と【固定ページ】にチェックが入っているかを確認しておけばオッケーです。

ウェブマスター認証

All in One SEO Pack 設定

 

Googleのサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)やBingのウェブマスターツールの認証コードを設定します。

Google設定

All in One SEO Pack 設定

 

Google+やGoogle Analyticsの設定ができます。

 

Google+の個人アカウントのURLを設定することで著作者の関連付けが可能となります。

 

またGoogle AnalyticsのIDを設定することで、アクセス解析コードがブログのヘッダーに埋め込まれるのでGoogle Analyticsのアクセス解析が使用可能となります。

Noindex設定

All in One SEO Pack 設定

 

noindex(検索エンジンにインデックスさせない)の設定です。

 

設定した項目については検索エンジンのクローラーに更新情報を伝えないのでインデックスされません。

 

上記画像の赤枠で囲った設定が個人的に推奨する設定なので、よく分からない場合は同じように設定してみてください。

詳細設定

All in One SEO Pack 設定

 

詳細設定画面は基本的にはデフォルトのままで良いです。

 

【ディスクリプションの自動生成】にチェックが入っていることだけ確認してください。

キーワード設定

All in One SEO Pack 設定

 

こちらもデフォルトのままで良いでしょう。

メタキーワードについて

2017年2月現在、メタキーワードはGoogleがサポートしていないメタタグのため、設定してもSEO的に効果は薄いと言われています。

 

検索エンジンの技術的な進歩により、メタキーワードが設置されていなくてもそのサイトやブログを認識できるから、という予測が立てられます。

 

したがって、メタキーワードの設定したことの効果はあまり期待できない、というのが一般的です。

 

ここではメタキーワードを使用する設定を紹介していますが、設定したから不都合というわけでもありませんし、効果が薄くても少しでもっていう意味合いで紹介しました。

 

今後Googleの方針や検索エンジンがどのように進化するのか分かりませんし、テンプレートには初期の機能でメタキーワードの設定て備わっているテンプレートは多いです。

 

初心者に知識的に覚えておいて損は無いかなぁと思いました。

 

そ、れ、に、メタキーワードはあくまで設定なので気にしすぎなくても良いですね。

 

実際この辺の設定が曖昧でも稼げますし、稼いでいる人はたくさんいますw

All in One SEO Packの使い方

記事を投稿する際のAll in One SEO Packの使い方を解説します。

 

記事投稿画面の下の方に以下の画面が表示されているはずです。

 

All in One SEO Pack 設定

 

記入すべき欄は【タイトル】、【ディスクリプション】、【キーワード】の3つです。

 

タイトルは記事タイトルをそのまま記入しましょう。

 

ディスクリプションは160文字以内で記事内容を記入します。

 

ディスクリプションで記入した文章が、検索エンジンに表示された時に記事タイトルの下に表示される文章となります。

 

ディスクリプションは、キーワードを入れ込んで完結に興味を引きつける文章を記入しておくのが好ましいですね。

 

キーワードは記事のキーワードを記入しましょう。複数ある時にはカンマ(,)で区切ります。

最後に

All in One SEO Packの設定方法と使い方を解説しましたが、ほぼほぼデフォルトのままで良いので、項目は多いですが設定は簡単だと思います。

 

こだわりがなければ画像の通り設定すれば良いと思いますしね。

 

All in One SEO PackはあくまでSEO対策の一環で、現状のSEO対策で一番重要だと言われているのがコンテンツだと言われています。

 

コンテンツっていうと大雑把なんですが・・・(;´∀`)

 

なので、All in One SEO Packの設定は、あまり時間掛けずにサクッ終わらせちゃいましょ~(≧∇≦)/

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

はじめまして、モリです。
東京出身の元サラリーマン&自由人です。
詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー
最新の記事
Popular

ページの先頭へ